物流の現場において大事なパレットの重さ

物流の現場においてパレットの重さを軽くする、または運ぶ人に対して軽く感じさせることは、とても大事なことです!!

なぜなら、それが作業効率に関わってくるからです。
物を運ぶとき、軽い物重い物ではどちらが運ぶのに時間がかからないでしょうかそれは言うまでもなく軽い物です。

物を運ぶのに物流ではパレットを良く使いますが、その重さが軽ければ軽いほど作業効率は上がっていきます。
物を運ぶときにフォークリフトを使う場合もありますが、それは長い距離を移動するときです。

そうではなくてもっと短い距離で単純作業的に運ぶときは、人力で行うことももちろんあります。
そのときは軽いほうが作業効率は上がりやすいです。

また、人が運ぶのに軽く感じさせるよう工夫させている場合があります。
それは、ロボットを使って運ぶ補佐をさせるという工夫です。
そうしてロボットを使えば簡単に補佐ができますので、人が運ぶときに重さをあまり感じなくて済みます。

その1回1回で短縮される秒数は大したことないのかもしれませんが、それでもそれが1日続けば大きな差になりますし、何より人に対しての負担を減らすことができるという大きなメリット!があります。

こうした小さな積み重ねが物流の作業効率を上げるのには大事ですし、細やかな努力をしてこそスムーズな働きを期待できます。
物流の現場というのはスピードと正確さが命ですから、その点についてはかなりこだわっているでしょうし、それができるところに日本の物流の凄さ!があります。

ですから、パレット1つとっても使いやすいように作られているのが一般的ですし、そうした努力があってこそ日々進化を遂げていると言えます。
これからはもっと進化した物が出てくるかもしれませんし、それは日を追うごとに改良されていくことが期待できます。

ですので、物流を支えているのはそうした1つ1つのパーツですし、それが使いやすくなるよう考えられていることに間違いないのです。

http://www.yokoshin-co.jp/cgi/pallet_usd/usd_pallet.html