BMWのLEDドアプロジェクターがステキ!

BMWのLEDドアプロジェクターについてです!

今ではメルセデスベンツやBMWなどの輸入車にはフツーになってきて、イマサラ?という感じですが、ご紹介です!

ドアプロジェクターはドアを開けたときに足元を照らしてくれるライトにエンブレムマークやロゴなどをレンズにはめてそのマークが路面に映し出されるアクセサリーです。

導入され始めたときは、「いかにも!」という感じで、ごくごく一般人の私には恥ずかしさがありましたが、普及してきた今は、輸入車乗ってるなら、細やかなパーツにもこだわって乗っていた方がより車が好きなんだなという印象を持ちます。

 

なぜBMWかというと・・・車自他が他のメーカーに比べてスポーティーでカッコいいからです。

実はBMWのLEDドアプロジェクターは現在で2世代目です。

1世代目は2014年に登場しています。

2世代目は2021年に発売になりました。

何が変わったかというと、自分の好みの角度に変えられるようになりました。

暗い場所で好きな車のマークが投影されるなんて、ドライブの前、車を降りるときでもうれしくなってしまうと思います。

同乗者や通りすがりの方にも特別感や個性を伝えることができると思います。

通常品はフィルムが2パターン、2個セット(運転席と助手席用)入っています。

BMWのロゴとBMW Mロゴが入っています。

また、新デザインで交換用のプロジェクターフィルムもあるので、好きなデザインを選んで、時期ごと・気分ごとに変えるのもいいかもしれません。

ちなみに交換用プロジェクターフィルムは3種類あります。

・M Performance ロゴ

・M ロゴ

・BMW ロゴ

どれもM社のブランドカラーである青・白・赤を使っており、とっても鮮やかで綺麗です。

1972年創業のBMW Motorsports社、現BMW M社が今年50周年を迎えました。それを記念して、Mモデルと M sportモデルに2022年限定でBMW Motorsport社創立当時のエンブレムを復刻した記念エンブレムがフロント&リヤ、ホイール・センター・キャップに装着されてます。

プロジェクターフィルムも限定で「BMW M BMW M 50JAHRE 50周年 LEDドアプロジェクター 」という商品が発売されました。

BMWをお乗りの方でM社と聞くとビビっと来る方も多いかともいます。特別感が違いますよね。

こちらは50㎜タイプと68㎜タイプがあります。

50mmタイプはG20 3シリーズを始めとする現行モデルに広く適合します。68mmは系モデルの大部分に適合します。

取り付けを考えている方はディーラーに適合モデルを問い合わせた方が確実です。

BMW LEDドアプロジェクターは、ドアの開閉時路面用ライトのカスタマイズアクセサリーですが、ここを変えるだけで、BMW愛のダダ洩れが伝わります。

より特別感を作り上げ、最高の一台になること間違いなしです!

世界的にも人気の商品のようなので、品薄になるともいます。気になる方はお早めに検討された方がいいですね。

自動車部品は今も多く製造されていて、生産ラインは常に稼働してます

自動車部品は自動車を直したり、製造したり、カスタムなどをするときに使われているものでもあるため、日本国内でも重要なものでもあり、製造している工場なども多く展開しているので生産量が多めであることは確かであります。

自動車部品は生産ラインを常に稼働させておく必要があるため、工場などで仕事をしている人たちは交代制で昼夜問わず仕事をしていて、2交代の場合もあれば3交代制のところもあったりします。国産とかの自動車部品とかは国で製造ができるようになっているため、すぐに流通することが可能となっていますが、外車といった海外で流通している車とかの部品の場合、日本にその在庫が残っていればすぐに提供ができますが、ない場合は取り寄せになるので日数や時間がかかったりすることが多いです。

国産の自動車部品と海外の自動車部品はつくりが異なっている部分もあったりするため、流用とかして取り付けなどができないものが多かったりしていることも覚えておいて欲しいです。製造方法にも少し異なる部分もあるので海外の自動車部品と日本の自動車部品のつくられていく風景とかの動画を比較するとよくわかってくるかと思います。

私が乗っている車は日本の国産のものとなっておりますが、壊れにくく安心して乗ることができ、自動車部品の在庫も多くあるので万が一ですが破損や故障をしてもすぐに修理してもらえるのでこういった部分については助かっています。

自動車部品というのは色々なものがあり外装パーツではボンネット、ルーフ、ピラー、フロントバンパー、リアバンパー、フェンダー、サイドガラス、フロントガラス、バックドアガラスなどがあったりします。

次に内装パーツに関してはレジスター、ダッシュボード、センタークラスター、グローブボックス、シフトレバー、センターコンソール、ハンドル、ステアリングホイール、メーター、アームレストなどがあったりします。

重要な自動車部品でもある構成部品としてはエンジン、ラジエーター、トランスミッション、ドライブシャフト、サスペンション、マフラー、ホイール、ブレーキキャリパー、オイルクーラー、バッテリーなどがあったりします。

他にも色々な自動車部品があったりするので自動車部品というのは多くあるもので生産をするために常に製造をする生産ラインは動かしておかないといけないのであります。

日本の車とかは海外にも輸出されていて、安心して乗れる車としても知られ、多くの人達から高評価を得ていて、日本車を乗る海外の人たちも多くいたりします。

そういった方々にも自動車部品を提供しなくてはいけないので、日本では国産の自動車部品とかも海外へ輸出している機会が多く、向こうの自動車修理工場や専門店とかに送られております。

自動車部品も安価で手に入れるものとかもあれば、高額な費用をかけて買うこともあったりするため、相場とかも部品によってピンからキリまであったりします。

最近ではオークションなどとかでも自動車部品とかも出品されていたりするので、自動車を修理する店舗や施設とかも助かっていて、流通が多いのも安心できる部分です。

https://ap-hannan.jp/shop/

自動車部品のかしこい選び方とは

とにかく頑丈そうに見える自動車ですが、部品一つ一つに寿命があるのです。定期的にメンテナンスを行い消耗品は交換しなければなりません。どんな部品を使用すればいいか。まったく同じものであれば安心ですよね。純正部品と言われるものです。新車のときのとまったく同じものなんですから上手くかみ合わないなんてことはないのです。寿命が来たら同じもの、簡単ですね。ただし一つ欠点が、純正部品って高いのです。自動車メーカーはそれで儲けてるといった部分もあります。メンテナンスのたびに大きな金額が飛んでいくのは痛いので、節約面も考えながら部品交換しませんか。とはいえすごいスピードで走る自動車、その中に乗り込む我々は自動車に命を預けていると言っても良いでしょう。粗悪品を使用して命のキケンにさらされるようなこととなっても困ります。どうやら安さだけを基準としての部品選びも止めておいた方がよさそうですね。

安さを基準に選ぶのであれば「社外品」、文字通り自動車メーカー以外のところが作る部品ってことです。あらゆるメーカーが参戦しているわけで、なかには真面目にお仕事をしてくれるところもあります。そちらの部品を使用するのであれば純正同等の働きをしてくれて、それでいてお値段はかなり抑えられる。いうことなしなのです。とはいえ、安かろう悪かろうの商売をしているところだって無いわけではありません。通販サイトなどで気軽に購入できる部品、いわゆる中華製と呼ばれるものだとどういった不具合が出てきてもおかしくはないのです。最近はクオリティも上がってきていますが、まだまだ信用しきれません。現場関係資材を大量に扱っているサイトだと、オリジナルの部品を作って販売しているところもあります。ちょっと造りは粗めですが実際に使ってみて大事故に発展するようなキケンすぎるものが紛れている可能性は下がります。街の修理工場などで使われているのが、このレベルなのです。

一応使えるというものではなく、できれば純正部品と同じクオリティがあってそれなのにお値段が安いというものこそが理想ですね。それならぜひ準純正部品を選ぶようにしてください。

たとえば純正部品を作るメーカーのもの、更にそれぞれの自動車メーカーのロゴが入ることで各メーカーへと送られて行っているわけですがその前段階で手に入れるようにするのです。ロゴが入らないだけ安くなる、ですが物はおなじなのですからクオリティも同じです。

自動車メーカーの販売する準純正部品を狙うのもよいでしょう。実は他メーカーの車向けの部品を作っていたりもするのです。となると純正部品と呼ぶことはありません。トヨタならばドライブジョイ、日産はピットワークでマツダがロードパートナー。聴いたことはありませんか。もちろん純正部品と同等のクオリティーです。それでいてお値段も安くなります。

まったく同じものでなくとも、純正部品でなくても車は走ります。ただ安全に走ることを目的とするなら、ロゴなどは入っておらず純正部品と同じレベルとなったものをおすすめします。

外車(輸入車)を購入してみての感想。『ミニ・クーパー、フォルクスワーゲン』

【初めての外車は正規ディーラーで。】
外車(輸入車)を購入しようとしたとき、どこで購入しますか?
初めての外車ならば正規ディーラーが絶対にイイです。
なぜならば、正規輸入車とは日本の基準に基づいて使用変更がされているからです。
そして、正規店という安心感もありますし、なにより購入後のアフターフォローがしっかりとしています。購入後の保証など日本の自動車メーカーと同じくらい対応や質が良いです。

私も外車には、ミニ・クーパーとフォルクスワーゲンに乗りましたが、外車には日本車にないデザインや個性があり仕様も様々です。ミニ・クーパーはとてもコンパクトで狭い路地でも難なく走れますしパワーも十分で、まるでゴーカートのように自分の思い通りの走りが出来て運転がとても楽しいです。そして、ボディデザインも個性的で可愛らしさの中に力強さや男らしさを感じさせるものまであり、かといってシックな色合いのものまでありまさに、老若男女問わず乗れる車だと思います。
しかし、外車は壊れやすいということもありミニ・クーパーにおいては私の場合ラジエーターの水漏れが多々ありました。外車に乗る以上定期的なメンテナンスは必要かと思います。

次にフォルクスワーゲンですが、私が乗った中でも聞いた話の中でもドイツ車であるフォルクスワーゲンは断トツの評価です。ミニ・クーパーのような個性的なカラーやデザインが優れているわけではないですが、車種も豊富で独身からファミリー、シニアまで安心して乗れる自動車です。というのも、フォルクスワーゲンは事故を起こさない為に何ができ、万が一の際に人をどこまで守れるかを日々追及し進化し続けているからです。先進技術である全車速追従機能や渋滞時追従支援システム、レーン・キープアシスト機能、スタティック・コーナーリング・ライトといってハンドルを回した方向へライトが傾き暗い夜道でも歩行者を確実に捉えるといった機能がたくさん装備されているからです。

これから、初めて外車を購入したいとお考えの方はデザイン性も重要かと思いますが安全性能を重視したドイツ車をぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

初めて自分で貼るカーフィルム

先日、車を購入してから私は今までカーフィルムを貼ったことがなかったのですが、自分の気に入ったステッカーなど簡単なものは貼ったことがありそれでも大きなものになるとガラスの曲線に合わせて貼ることが少し難しいかなと思っていました。
自分でいろいろやってみることが好きな私は失敗してもいいからとりあえず自分でやってみようと思っていろいろ調べたりお店の人に必要なものを聞いたりして、ひとまずフィルムを貼るのに必要なものを買いました。

そこまではもちろん買うだけなので順調でしたがいざ自分で作業するとなると何をどうしていいかなどの手順やフィルムを貼る時にあたってどんなことに気をつけるべきかわからずに、とにかくいろいろ調べました。
部屋のパソコンで調べては外へ行って車の窓とにらめっこ。
そんなことを繰り返してフィルム貼りを頑張ること半日、うまくフィルムが付かなかったり窓の縁をキレイに切り取ることが出来なかったりと、かなり悪戦苦闘しました。
終いにはフィルムとガラスの間に空気が入ってその空気をうまく抜くことが出来なかったのでこれは完全に失敗に終わりました。

そこで助けてもらったのがいつも車検でお世話になっている修理工場です。さすがに車のプロだけあってとても丁寧に教えていただきました。
我が家の車はみんなそこで車検を受けたりしているので嫌な顔ひとつせずに本当に親切にコツやなどを教わってから、聞いたことをいろいろメモしたりして家に帰ってから後日改めてリベンジするために新しいフィルムを買いに行きました。
その時に聞いた中で余っていたフィルムで窓の縁や空気の抜き方を少しだけ実践してくれてとても助かりました。
そしていざ、二回目の挑戦。
プロのアドバイスの甲斐もあって無事に自分でカーフィルムを貼ることが出来ました。
本当に助かりました。
カーフィルムがあると夏場に最初に車に乗り込んだ時も以前と比べてそこまで車内が暑くないので無事に貼れて良かったです。

https://car-visor.com

離れたところにいてもエネルギーが送れるって本当?

ちょうど2年位前、気になっていつも読んでいたブロガーさんが気功を習いに行くといった記事を書いていました。

それまでその人は薬剤師として平日はフルタイムで働いていたらしく、生活にも特に困っているわけではないという事でした。気功を習いに行ってからしばらくして、その人は薬剤師の仕事を辞めてしまいました。

というのも、気功師の資格を取って、独立したというのです。
すでにブログで気功の仕事についてのメニューを掲載して営業し始めていました。
私はそのあまりのスピードにびっくりしてしまいました。

気功は目の前にいる人の体調を良くするだけでなく、離れたところにいる人の体調も良くすることが出来るそうです。
相手の事を念じて、エネルギーをその人に届けるのです。
そうすると、実際には会っていなくても体に変化が出てくるのだそうです。

具体的には、ぽかぽかと体が暖かくなって汗をかいたり全身リラックスしてしまい知らない間に眠ってしまったりするのだそうです。

私自身は気功を体験した事はないのですが、実際気功を体験した人の体験談を読んでみると
体が軽くなってスッキリしたり、ぽかぽかと暖かくなったり、ものすごく眠くなったりするそうです。
もしそれが本当ならば是非一度体験してみたいと思います。

ところで、気功師の資格というのは様々な種類があるようですね。
気功は習うというよりも「伝授する」、という言い方の方がしっくりきます。

お金を払ってそれで簡単に資格が取れるというのではなく、先生に直接教わって、それをそのまま忠実に再現するのです。

その再現が出来なければ、気功師としては半人前。
体調を崩した状態でも相談者にはそんなことは関係ありません。
ですから、気功師はつねに万全の体調でいなければならないのです。

もし、体調の悪い状態で気功を行ってしまうと、相手にとっても悪い気が流れることになります。
悪い気を送り出すよりは、やはり体調の悪い日には休息をとるのが一番です。

オリンピックの負の遺産は産業廃棄物?

2020年の夏。本来なら、東京2020が華々しく開催され、東京が、日本が活気に溢れて、希望や感動で満たされる特別な夏になるはずでした。
しかし、残念ながら、現在はコロナ禍にあり、2021年の夏に東京2020は延期になりました。
オリンピック招致時に発表された、大会概要では、コンパクトな大会を謳っていましたが、全37会場のうち新設は22会場の予定とされており、このうち11会場を恒久施設とすると発表されました。
競技会場や選手村などの施設建設に要する費用は総額4554億円。
決して、金額も新設会場もコンパクトな大会とは、到底思えませんでした。

昨今の度重なる天災で、日本は処理量を遥かに超える災害廃棄物を抱えており、毎年毎年その量は増え、気がつけば、一時保管場所に災害廃棄物が積み上げられている光景を目にします。
これからも、増え続けていくとされている、大雨や洪水に伴う家屋の浸水や建物の崩壊による災害廃棄物はおそらく増加の一途を辿るでしょう。
明らかに日本は、狭い国ながら、かなりの効率で、廃棄物を処理し続けなければなりません。
ここから、東京2020の話題に戻り、オリンピックに伴う廃棄物の話題に触れたいと思います。
そうなんです。
ただでさえ、増え続ける災害廃棄物以外にも、日本は考えなければならない、大きな廃棄物の問題があると私は思っています。
私にはどうしても、東京2020は、コンパクトな大会とは思えない理由があるのです。

大規模イベントに伴う、新規建造物は、雇用を生み、経済の潤滑油となることは間違いありません。
日本の経済の落ち込みに対して、また、あらゆる災害からの復興のシンボルとして、オリンピック会場の新設は、国民が待ち望む希望の象徴かも知れません。
しかし、そこには、日本が抱える問題がかくれていると、私は思っています。
それは、会場新設に伴う建築廃棄物。
いわゆる産業廃棄物の増加です。
既存の会場を壊して、新たな会場を作る場合、壊された建造物の鉄筋やコンクリートなどが全て廃棄物となります。
また、新たに埋立地を確保したり、土壌整備に伴う汚泥なども、産業廃棄物となります。
国は、この東京2020開催によって生まれる産業廃棄物についてどのように考えているか、オリンピック招致の時、私は全く想像することが出来ませんでした。

ところが、こんな、一国民の疑問に対して、しっかり国は動いていました。
それは、最近よく目にしたり聞くようになった、SDGs(持続可能な開発目標)です。SDGsとは、私が説明するまでもないでしょうが、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標のことです。
なんと、そこには、東京都資源循環・廃棄物処理計画というものが掲げられていました。
オリンピックを開催するだけではなく、資源循環や廃棄物処理に関する計画を入念に練っているようです。

SDGsの目標12は、「つくる責任 つかう責任」と謳っています。
この中には、廃棄物の管理や削減する取り組みの内容が書かれているとのこと。
あ?、私の勉強不足でした。
勝手に、オリンピック会場を新設するだけで、建築に伴う産業廃棄物のことを国は考えていないと思ってました。
産業廃棄物の問題、そして産業廃棄物処理について、何か疑問に思ったり、国の考えを学んでみようと思わなければ、私は東京2020と産業廃棄物とSDGsを関連づけて考えることはなかったと思います。なんでも、勉強、勉強ですね。

知り合いに奈良県で産廃処理をしている方がいらっしゃいますが、産業廃棄物の問題は相当深刻だとおっしゃっていました。

 

最近の旦那さんと週末の過ごし方

去年の7月ごろから家を買おうと考え、毎週末見に行っていました。
東京都か神奈川県で考えてましたが予算的なものと旦那の職場の関係で神奈川県にしました。
そしてとてもぴったりな物件を見つけて9月頃購入しました。

すると購入と同時に妊娠が発覚しました。
注文住宅だったので自分達で一から決めていかなきゃいけないので毎週ショールームに行っては工務店との打ち合わせでとてもバタバタしていました。
妊娠初期で体調がすぐれない中、一日中打ち合わせでとてもつらかったです。
安定期に入ったころには打ち合わせも終わって今度は新しい電化製品や家具の調査が始まりました。
毎週家具屋さんや電機屋さんに行って勉強したりしていました。
少したつとお腹も出てきて今度は赤ちゃんの物の準備や勉強をし出しました。
毎週ゴロゴロする時間がなく本当に忙しい日々を過ごしてきました。

最近ようやく落ち着いてきたと思ったんですが子供のことを調べると写真館で写真を撮るととても高い金額になることに気づき、自分たちで写真を撮るように考えました。
その為に今度はカメラについての勉強が必要となり電機屋さんにいってはカメラについて1時間以上聞いていました。
立ちっぱなしで話を聞くのは結構な体力を使います。
そして念願の一眼レフを買いました。
写真館のようにとるとなると背景の布やレフ版を用意しなければなりません。

ようやく買い物などは終わってきたのですが、引っ越しと出産が1か月差で今まだ動けるうちにしなければいけないことが多く大変です。
引っ越し業者、インターネット会社、そしてたまたま携帯の解約月で格安スマホへの変更。
専業主婦なので安いところを調べたりできますが、これが共働きだったらパンク寸前です。
これから生まれて引っ越しをするとなると手続きがとても多くなってきてしまいます。
住所変更や子供の手続き、県をまたぐので元の役所に行くこともあり考えるとまだまだ何もない週末を過ごすことはできなそうです。
引っ越したら新しい家具を買ったり、また新たにやることが増える中、初めての子育てがあり不安が大きいです。
しかし頑張って乗り切っている人もいるので子供を中心に考えながら頑張っていこうと思いました。

医療施設の類型についての概要です


医療施設は、医療法において医業を行うための場所を病院と診療所に限定しております。
病院は20床以上の病床を有するものと定め、診療所は病床を有さないもの、または19床以下の病床を有するものと定めています。

まず最初に、この病院についてですが、特定機能病院と地域医療支援病院、一般病院、精神病院、結核病院の5つに分けることができます。
特定機能病院とは、医療技術の評価および開発や研修ができ、高度医療を提供できる病院に位置付けられます。
また厚生労働大臣に承認もされており、400床以上の病床数を有しております。

次に 地域医療支援病院とは、かかりつけ医を後方支援し連携する病院に位置付けられており、医療の機器など一般病院や診療所と共同で利用しております。
都道府県の知事に承認されており、200床以上の病床数をかかえております。
そして一般病院は、公益法人や医療法人、社会福祉法人などが開設することが多く、特定機能病院や地域医療支援病院以外の病院に位置付けられます。
患者さんはこれらの地域密着型の病院を利用する方が多いです。

精神病院とは精神的な病気を患っている精神障害者などが通院でき、入院の機能も兼ね備えた施設に位置付けられております。
精神障害者の治療や保護の目的もあります。
現在、この精神病院という呼称が200612月の法律の改正があり、行政上使用する用語としては、精神科病院と改められました。

最後にもう1つの結核病院においてです。 結核とは結核菌 により引き起こされる感染症の1つで、主に肺に炎症が起きやすく、目に見えない結核菌が咳やくしゃみなど空気感染を起こしやすい病気です。
このような病気を患ってみえる患者さんが入院できる施設に位置付けられております。

病院の特徴や概要は以上のようになりますが、診療所の特徴や概要とは、歯科医 師や医師が歯科医業を行う場所または公衆や特定多数人のための医業に位置付けられています。
民営と公営の両方が存在しており、その地域で需要のあるプライマリヘルスケアを提供しており、主として外来患者を診察します。
クリニックにおいてもこちらに当てはまります。

以上の類型がおもに医療施設として当てはまりますが、これ以 外として介護療養型医療施設というものもあります。
この施設は、主に重度の障害を持ち、要介護度の重い方が入院し、充実したリハビリと、充実した医療的な処置が受けることができ、主として医療法人が運営する施設となります。

上記のような医療施設や介護施設を建てるときには、多くの実績を持つ建設企画のコンサルティング会社により良い施設の提案をお願いすることもあります。
https://www.jhs-p.com/businesslines.html

断熱塗料と遮熱塗料は違うのか

夏の室内温度上昇対策として、屋根に断熱塗料を塗る方法があります。断熱塗料と聞けば普通の人なら熱を通さなくして室内温度が上がるのを防げると言った印象を受けるのではないでしょうか。実は一般的に断熱塗料と言われていても実際は遮熱塗料ということがありますので、違いについて説明します。

断熱塗料は熱をため込んで室内に熱が伝わるのを防ぎます。逆に室内の熱も外に逃げないので室内の温度を一定に保つ効果が期待できます。
遮熱塗料は熱を反射して温度上昇を防ぐので夏に室内の温度が上昇するのを防ぐ効果が期待できます。効果が違うので同じものと勘違いしないように注意が必要です。

温度上昇を防ぐといっても劇的な効果が有るわけではありません、建物の構造によって効果が違いますので、塗装する場合は確認が必要です。例えば屋根裏があるところに断熱塗料を塗ってもあまり効果が期待できません。
なぜなら、屋根裏の空気に断熱の効果があるからです。空気の熱伝導率が非常に小さいため、こういったところに断熱塗料を塗っても効果を期待できません。逆に屋根裏がない部屋は屋根の暑さが直接部屋に伝わってしまうので、屋根に断熱塗料を塗れば効果を期待できます。

断熱塗料や遮熱塗料は開発が進み色々な商品が販売されてきていますが、断熱塗料と遮熱塗料では価格の差があります。実際には施工費用が必要になるので一概には言えませんが塗料の価格を知っていればどちらを選ぶかの参考になりますので是非確認して下さい。
耐久年数にも違いがあります、普通の塗料と比べればどちらも長いので費用を掛けてもメリットがあります。
断熱と遮熱の違いについてお判り頂けたでしょうか、それぞれの違いでメリットがありますので最適な方を選んで下さい。