海外ドラマ ARROW / アロー

バットマン、スーパーマンなどでお馴染みのDCコミックス原作アメコミ原作海外ドラマ ARROW / アローシーズン2が、現在AXNで放送中です。

まあ、いわゆるHERO物ですね。
バットマンは確か、ゴッサム・シティ (Gotham City) という架空の都市での物語でしたが、こちらはスターリング・シティというこれまた、架空の都市での物語。

主人公は億万長者のプレイボーイ、オリバー・クイーン(演 – スティーヴン・アメル)
img_c201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父親と、恋人ダイナ・”ローレル(演 – ケイティ・キャシディ)
img_c202

 

 

 

 

 

 
の、妹サラ・ランスとクルーザーで旅行に出かけます。
なぜ、恋人の妹を連れていくのはおいといて、船が遭難してオリバー・クイーン以外はみんな、死んでしまいます。

以下 Wikipediaより引用

オリバーは太平洋の絶海の孤島”リエンユー” (Lian Yu) に流れ着き、そこを拠点とする謎の武装組織に拷問されるなどして無数の傷を負い]、過酷なサバイバル生活を強いられる。そして、オリバーは弓矢の腕を磨き、肉体を徹底的に鍛え上げる。

5年後、オリバーはスターリング・シティに生還し[3]、母モイラ、妹テア、悪友トミーらの歓迎を受ける。もっとも、5年の間に家族も様変わりしていた。例えば、モイラはかつてロバートの右腕だったウォルターと再婚しており、ウォルター自身もクイーン産業のCFOからCEOに出世していた。テアは父と兄を同時に失った(と思い込んでいた)ショックによりドラッグにも手を出しており、せっかく生きて帰って来たオリバーが島での出来事をまるで語ろうとしないことに不満を示す。

特にオリバーは遭難前に恋人だったローレルと歯車が合わず、その父クエンティン・ランス刑事からも恨まれている。なぜなら、オリバーはローレルの妹サラと浮気したあげく、ヨットの遭難で死に追いやってしまったからである。

オリバーは家族や友人たちとの関係をあらためて築きながら、表向きは若き実業家のプレイボーイ、裏では街に巣食う悪と戦う弓矢の達人、通称”アロー”として活動する]。その使命は、父ロバートから託された手帳に列挙されている汚職政治家や悪徳実業家らに罪滅ぼしをさせ、スターリング・シティを掃除することである。

要はおちゃらけたお金持ちの御曹司が、船で遭難してふるさとの街に戻ってきて、ヒーローとして活躍するという事です。(^^♪
武器は弓矢っ!

見た目もこんな感じになってしまってます。
Arrow

 

 

 

 

 

ありがちっちゃ、ありがちな話ですが、いまのところなかなかに面白いですよ~

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。