カーテンを買うときの選択肢にオーダーカーテンを入れる

22o
部屋のインテリアを考えるとき、カーテンをどうするのかということは、とても重要なことです。いくらよいインテリアをそろえて部屋を彩っていたとしても、カーテンが部屋にいまいちフィットしていなければ、どこかパッとしない印象を抱いてしまいます。

ただ、部屋にピタリとフィットするような既製品のカーテンを買おうと思ったら、いくつもカタログを見なければなりませんし、ネットや店舗を問わず選ぶのにとても手間がかかります。ですから、もしもカーテンにこだわるのならば、オーダーカーテン注文するというのが良い手段です。

オーダーカーテンとは、その名の通りカーテンを自分自身でカスタマイズし、オーダーメイドでつくってもらうカーテンのことです。
カーテンと一言に言っても、形状、生地、カラーなどさまざまなバリエーションが存在しており、それらの組み合わせはとても膨大です。
ですから、もしも部屋のインテリアにピタリとフィットするカーテンが欲しいのならば、オーダーカーテンを注文するのが1番希望に近付くことができます。

誰でもカーテンを買うときには、ぼんやりとしたイメージを頭に思い描くはずです。
それは、プリーツカーテンを綿麻の生地で色はホワイトなどというイメージです。
こうしたイメージを頭に思い描いたとき、その既製品を探すのはとても手間です。
どれか1つでも違えてしまえば、そのイメージからズレてしまいます

その点、オーダーカーテンならば、数あるカーテンの中から自分の希望する組み合わせを選んでいけば良いのですから、何も苦労する必要はありません
そして、自分の希望に合ったカーテンを注文できるということが、何よりも大きなメリットになります。 その分お値段はちょっと高くなるかもしれませんが、カーテンというのはそうそう頻繁に取り替えるものでもありませんし、多少お値段が高くても買う価値は十分あります
ですので、カーテンを買うときの選択肢に、オーダーカーテンはぜひ入れておくべきです。
良いものほど長く飽きがこないものではないでしょうか!!

単身赴任のメリットとデメリット!

仕事をしていると、突然職場の上司から単身赴任を言い渡されることがあります。

私も今の職場で単身赴任を言い渡されて、地方の支社に行ったことがあります。その時はとてもショックでしたが、悪いことばかりではなかったのも事実です。

どんなメリットがあったのか、またどんなデメリットがあったのか紹介したいと思います。
まずはデメリットから。やはり大変だったのが家族と離れ離れになってしまったことです。まだ子供もそれほど大きくなかったですし、妻と結婚して2年しかたっていなかったのでさびしい思いがありました。また、自分一人で家事洗濯をしなければならないのも大変でした。
妻と結婚してから家事のすべてを任せていたので、慣れるまでに時間がかかりました。あとは、生活費が2重に発生していたのもデメリットだと思います。
妻が安心して生活できるようにお金を余分に入れていました。
外食にもお金をかなり使いましたし、太りました

一方、メリットもありました。それは自分の自由な時間が増えたことです。家族といたときは、家族サービスをするだけで休日が終わってしまって自分の時間なんてありませんでした。
それが、赴任後には自分の時間がとても増えて充実した時間を過ごせるようになったのです。
さらに、単身赴任が終わった後に社に戻って出世をしたんです。当然給料もアップしましたし、出世街道に乗ることができています。
会社から評価されたのがうれしかったです。そのほかでは、家族と一緒に引っ越しをしたわけではないので、引っ越し費用が安済みましたし、子供の環境を変えなくて済んだというのもメリットです。

こう見ると、単身赴任というのは引っ越しなどのデメリットばかりでなく、
メリットもいろいろあると思います。少なくとも私は悪い経験ではなかったと思います。会社にも貢献できますし、考え方ひとつでパラダイスにもなるので、もしも単身赴任を言われたとしてもあまり考え込まないで、別荘感覚でと思ったら、それはそれで楽しいですよ!

29i

断熱塗料と遮熱塗料の特性の違いについて

NASA断熱塗料と遮熱塗料の特性の違いについてしっかりと知っておけば、自分で断熱目的の塗装をする際に失敗するリスクを回避することができます。
まず、断熱塗料の特性ですが、断熱塗料は、熱が加えられることで発砲層を作り出す特徴があります。
その発砲層が作り出されることで、断熱効果が出てくるのです。
断熱する対象物が大きくなればなるほど、その分、大幅な発砲層が必要になります。
断熱塗料の量が足りなくと、発砲層の量も足りなくなり、足りない部分は十分に断熱ができないというデメリットが出てきてしまいます。
また、塗装の仕方が下手だと同じように断熱効果が弱くなってしまうので、意味がなくなってしまいます。
断熱塗料による塗装は経験のある業者がやってもうまくいかないケースが多々あります。
なので、素人がネットなどの情報をもとにやるのは危険だと思います。
そのような作業が好きな人は、失敗してやり直す費用がリスクを覚悟した上でやったほうが良いでしょう。

次に遮熱塗料の特性についてご説明します。
遮熱塗料の特性は、いたって単純です。
太陽の光を反射させる特性があるので、それにより光を反射せて断熱をするということです。
つまり、太陽の光のようなものを断熱する時には向いている方法ですが、個体そのものに伝導されてくるような熱を断熱する際には向いていない方法です。
断熱塗料を使うか?遮断塗料を使うか?迷っている方は、目的によって適している塗料を使うのが一番です。
特性が向いていない方の塗料を間違って使ってしまえば、断熱効果がないどころか、作業自体が失敗してしまうリスクが高くなってしまうのです。
そのような判断さえも自分でできない場合は、最初から自分でやるのは諦めて業者に依頼するようにしましょう。
日曜大工ができるくらいのレベルでは、とてもプロのような塗装を成功させることはできないので自分の力を過信しないほうが良いでしょう。
私も1度、断熱塗料による塗装を自分でやって失敗しています。

QKCCATIZBB1CA0SDLETCA5YMN1ZCATD62CKCAXG1CB6CA2JC6SQCATS1OP5CAK2QO42CAHQU08PCAGZYTYQCAFM8HJBCAOOSILYCAICG5P2CA2OOK59CACMQXYLCALV247TCA5KEY4GCA5PS5HKCA7NVCWC

あったかお風呂大作戦 ☆⌒(*^∇゜)V

日増しに朝夕過ごしやすくなってきたと思ったら、過ごしやすいを超えて肌寒くなってきました。お風呂でゆっくりくつろぐにはよい季節になってきたものの、我が家のお風呂は浴室がタイル張りに加え、すきま風のおまけまでついている!というくつろぎや癒しとは程遠い場所なのです。ヾ(〃>_<;〃)ノ イヤイヤ 

いつまでもこのままでは、せっかくのお風呂タイムが苦痛のひととき
しかありません。そこでこの度一念発起し、主人と二人でお風呂周りの
DIYを始めました。

お休みにホームセンターで、隙間テープと、シャワーカーテン、突っ張り棒を購入。隙間テープは窓枠に隙間無く目張りをします。これでもうすきま風とは縁のない生活。
シャワーカーテンと突っ張り棒は、突っ張り棒をカーテンレール代わりにして、シャワーカーテンは文字通りカーテンに、これで浴槽に貯めた湯気は逃げづらくなりました。ヽ(^◇^*)/ ワーイ

作業をした夜にお風呂へ。自己満足かもしれませんが、やはり暖かさが違いま~す。(∩.∩)
どこかのテレビ番組のように、作業前を思い出しながら今のお風呂を見ると、軽やかな音楽が頭の中を流れます。
少し手間暇はかかりましたが、やっただけの甲斐がありました。
これからのお風呂生活が楽しみでなりません。 ヤッタ━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━!!!

一戸建て住宅の駐車場

友人がこのたび、一戸建て購入を決めたようで堺市や大阪市で新築住宅を探しています。

兵庫、大阪って言ってもかなり範囲は広いですが、大阪北部から神戸ぐらいまでだと思います。

アベノミクスのおかげで好景気なのか(私は全然感じてませんが)兵庫県や大阪府などの都市部でも新築の住宅がどんどん建設されているようです。

まさに住宅建築ラッシュ?高度経済成長時代じゃあるいまいし。

しかしいいですね。
新築一戸建てへの入居って。(^^♪
駐車場が家の前って、あこがれます。

我が家なんぞは一戸建てですが、駐車場が離れているので買い物したら一旦玄関前に車を停車して荷物を降ろしてわざわざ、駐車場まで行かないといけないので。

雨の日とかは結構面倒なんです。

ゴルフ行くときなんかは朝が早くて急いでいるのですが、一旦駐車場まで車をとりに行って、自宅に戻ってきてバッグなどを積み込んでからの出発となるので、約15分ぐらい違うような気がするのですがね。

もちろん、あと少し早めに起きればいいのだけど。

 

007