The Whole30という食事法とカリフラワーご飯のレシピ

最近、私は、「The Whole30: The 30-Day Guide to Total Health and Food Freedom」という本を読みました。
The Whole30は、過食などにつながる不健康な食習慣を断つことで、健康的なホルモン反応などを促しながら、腸の健康や免疫機能をサポートする、30日間の食事法のプログラムです。
毎日の疲れを感じている人、よく眠れない人、ダイエットしたい人にもぴったりで、食べ物だけでなく、人生に対する考え方にまでも、画期的な変革をもたらすと述べられています。
人生に対する考え方が変わると聞くと、ちょっとオーバーな気もしますが、食事は、毎日に欠かせない大切な人生の一部と考えると、わかる気もしますね。

The Whole30では、肉、野菜、果物、魚介類、卵などの食品は食べられますが、砂糖、酒類、穀物、豆類などは、食べるのを止めるよう書かれています。
本の中で、砂糖やジャンクフードを求める、脳の容赦ない要求のことを、「シュガードラゴン」と表現されていて、面白いなぁと思いました。
砂糖が含まれる、クッキー、チョコレート、アイスクリームなどの食品は、栄養価が乏しく、高カロリーで、食べれば食べるほど、このシュガードラゴンが、火を噴き、強くなってしまうというのです。
このシュガードラゴンを退治して、食品との不健康な心理的関係を断ち、健康的な良い習慣を築くために、The Whole30では、砂糖を含む食品を食べないよう勧めています。

本には、この食事法がすぐに実践できるよう、色々なレシピも掲載されていますので、とても便利です。
その中の1つ、カリフラワーご飯のレシピをご紹介します。
先ほども書いたように、この食事法では、穀物も食べないようにと書かれているため、カリフラワーをご飯に見立てたレシピになっています。
お米の代わりにカリフラワーを使用するので、カロリーが抑えられ、ダイエットにもなると思います。

材料:
大きいカリフラワー 1つ
ギーバター、または、澄ましバター 大さじ3
玉ねぎ 半分 みじん切り
ニンジン 1本 みじん切り
にんにく 2片 みじん切り
チキンスープ 125ml
コリアンダー みじん切り 大さじ1
塩 小さじ半分
黒コショウ 小さじ半分

作り方:
1.カリフラワー半分をフードプロセッサーに入れ、混ぜすぎないように注意しながら、お米のような形状になるまで混ぜます。
2.残りの半分も同じように、お米のような形状にします。
3.大きなフライパンにバターを入れ、中火で溶かしながら1面に広げ、バターが溶けたら、玉ねぎとニンジンを加えて混ぜ合わせ、玉ねぎが半透明になるまで、2~3分炒めます。
4.にんにくを加えて、香りが立つまで、1分位炒めます。
5.お米状にしたカリフラワーを加え、よく混ぜ合わせます。
6.チキンスープを加え、カリフラワーが、柔らかいお米のような質感になるまで、10分位蒸します。
7.火を止め、みじん切りにしたコリアンダーを加え、塩コショウで味を整えます。
色々なアレンジができるレシピで、ココナッツアミノ大さじ2、ごま油小さじ1、長ネギ2本をみじん切りにして加えれば、アジア風になるそうです。ちなみに、The Whole30では、豆類も禁止なので、醤油の代わりに、ココナッツアミノを使用しています。
また、アーモンドスライス、または、松の実30g、レーズン75g、クミンパウダー小さじ半分、ターメリックパウダー小さじ4分の1、シナモンパウダー小さじ4分の1を加えれば、モロッコ風になるそうです。
373042s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。