小銭貯金

私、長いこと小銭貯金をしております。お財布に小銭がたまっていたら、貯金箱代わりの缶に入れるだけ。
決まりは特にはありません。

昔は100円玉貯金とか500円玉貯金とかやっていたことがあるんですが、小銭の種類を限らなくてもいいなと思うようになりまして。
実は、100円玉貯金をやった時は大変でした。その前にやっていた500円玉貯金で10万円くらいためられたのが楽しかったので、500円玉よりもたまりやすい100円玉でやったらもっと気軽にできていいんじゃないかなと思ったのですが、そうでもありませんでした。

でも100円玉で貯金箱をいっぱいにしても500円玉ほどの金額にはならなかったのがちょっと残念でしたし、なぜか缶をいっぱいにするのには500円玉の時より時間がかかりました。
それに、たまった後にATMに持って行った後も大変だったんです。
ATMの種類にもよるのでしょうけど、投入口が小さいと入れるだけで時間がかかってしまうし、機械が枚数を数えるのにも時間がかかっちゃって。

友達に聞いた話では、窓口に行った方がいいらしいですね。
本当かどうか知りませんが、窓口が持っている機械の方が高機能で数えるのが早いと彼女は言っています。
ただ、ためにためた小銭をドンと出した時に行員さんに「何枚ありますか?」と尋ねられて困ったと言っていました。
「そんなの数えてあるわけないじゃん」って。
「わかりません」と言ったら行員さんの方も困っていたそうですが、受け付けてはもらえたそうです。

100円玉でも500円玉でもいいんですが、あの頃って、貯金をしたいがためにお金をわざと崩しているような傾向もありました。
小銭を増やしては毎晩貯金箱に移すのが楽しみで。
だけどそれでお金が足りなくなって銀行に貯金してあるお金をおろしてくるので、意味がないと言うか…。
だから今回は「ちょっとお財布に小銭がたまってるな」と思った時に貯金箱に移すって程度にしています。
毎晩なんてやりません。
貯金する回数が少なくなっている分、貯金箱がいっぱいになるまでに時間はかかると思います。
それに、10円玉や1円玉もあるから、貯金箱がいっぱいになっても100円玉や500円玉で貯金していた時のような金額にはならないと思います。

でも別に、それで困ると言うことはありませんものね。
お財布から消えても困らないような金額のお金を、気が向いた時だけ貯金する。
ふと気づいた時にそれがまとまった金額になっている。
それを楽しみに気楽に気長に続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。