カテゴリー別アーカイブ: 社会

物流の現場において大事なパレットの重さ

物流の現場においてパレットの重さを軽くする、または運ぶ人に対して軽く感じさせることは、とても大事なことです!!

なぜなら、それが作業効率に関わってくるからです。
物を運ぶとき、軽い物重い物ではどちらが運ぶのに時間がかからないでしょうかそれは言うまでもなく軽い物です。

物を運ぶのに物流ではパレットを良く使いますが、その重さが軽ければ軽いほど作業効率は上がっていきます。
物を運ぶときにフォークリフトを使う場合もありますが、それは長い距離を移動するときです。

そうではなくてもっと短い距離で単純作業的に運ぶときは、人力で行うことももちろんあります。
そのときは軽いほうが作業効率は上がりやすいです。

また、人が運ぶのに軽く感じさせるよう工夫させている場合があります。
それは、ロボットを使って運ぶ補佐をさせるという工夫です。
そうしてロボットを使えば簡単に補佐ができますので、人が運ぶときに重さをあまり感じなくて済みます。

その1回1回で短縮される秒数は大したことないのかもしれませんが、それでもそれが1日続けば大きな差になりますし、何より人に対しての負担を減らすことができるという大きなメリット!があります。

こうした小さな積み重ねが物流の作業効率を上げるのには大事ですし、細やかな努力をしてこそスムーズな働きを期待できます。
物流の現場というのはスピードと正確さが命ですから、その点についてはかなりこだわっているでしょうし、それができるところに日本の物流の凄さ!があります。

ですから、パレット1つとっても使いやすいように作られているのが一般的ですし、そうした努力があってこそ日々進化を遂げていると言えます。
これからはもっと進化した物が出てくるかもしれませんし、それは日を追うごとに改良されていくことが期待できます。

ですので、物流を支えているのはそうした1つ1つのパーツですし、それが使いやすくなるよう考えられていることに間違いないのです。

http://www.yokoshin-co.jp/cgi/pallet_usd/usd_pallet.html

絵画のリースの連絡から実際の取り付けまでの流れ

絵画のリースというサービスを利用するには、数段階の(*^_^*)流れがあります。

まず1段階目としては、リース会社に対する連絡ですね。
電話やインターネットなどを用いて、リース会社に借りたい旨を申し出る訳です。

第2段階は、絵画の選別です。リース会社としては、非常に様々な絵画を用意してくれているのですね。
その中から自分の好みに合った物を選ぶ訳ですが、それにも色々な方法があります。

例えばリース会社によっては、ホームページに一覧表を掲載している事がありますね。
その中から自分の好みに合う物をピックアップしてみるのも(*^^)v良いでしょう。

また営業担当の方に、直接相談をしてみるのも悪くありませんね。
営業担当の方はニーズをヒアリングして、最適な絵画を提案してくれるからです。

そして第3段階は、その絵画の料金の入金です。
当然ですが、リースをする以上はやはり料金は(^_^;)かかります。
その為の料金を支払う訳ですが、支払い方法も様々ありますね。
1つだけではありませんので、自社にとって最適な支払い方法を選ぶと良いでしょう。

第4段階は、その絵画の取り付け作業です。
絵画を設置してくれる担当の方に来てもらう方法もありますし、自力でそれを設置しても構いません。

ちなみに絵画を取りつけるのは、(^_^;)意外とコツが必要です。
無難に取り付けたいと思うのであれば、リース会社にお任せをする方が良いと思います。

以上の4段階です。
ちなみに絵画のリース業者より、若干流れに違いは見られます。
しかし大体の会社は、上記のような流れですね。

少し調べてみましたが、東京にも絵画リースを扱う会社は結構ありますね。

精密写真が微細で超精密な加工を実現するフォトエッチング

illust3504thumb (1)

フォトエッチングを簡単に説明すると、素材の表面に保護膜を塗って写真原板を転写した後、化学薬品で、保護しなかった部分を腐食・浸食させ、欲しいパターンを残すというものです。
フォトエッチングを理解するために、関連する3つの用語、「フォトレジスト」「フォトマスク」「エッチング」について説明します。
まず、「フォトレジスト」は耐薬品性の感光剤のこと。

レジストは保護膜の意味で、「フォトレジスト」を塗ることで光に感応し、腐食に耐える被膜を作ります。

一方「フォトマスク」とは、ガラスやフィルム上に精密な線画やパターン描いた原板です。
写真に例えると、フォトマスクはネガフィルムの役目を果たします。

次に「エッチング」ですが、化学薬品などの腐食作用を応用して、フォトレジストで形成した耐食膜を部分的に腐食させる方法をエッチングといいます。

このことから、フォトエッチング加工のことをフォトレジストエッチング加工ともいいます。

用語を理解した上でフォトエッチングに話を戻しましょう。

フォトエッチングは精密な写真技術と化学的な腐食作用を利用した加工技術です。

従来は金属加工をするのに金型や工具を必要としていましたが、フォトエッチングの登場で、写真画像として取り込めるものは簡単にパターンを作ることができるようになりました。

CADなどの数値化されたデータだけでなく、イラストやデザイン画などもスキャナーで取り込めさえすれば、簡単に形状を再現できるのです。

対象になるのは金属にとどまらず、腐食性のある様々な素材の塑形、表面加工に応用できます。

画像が精密であれば、超精密な加工や精度にも対応可能で、精密エレクトロニクス製品に使われる極小な部品や、極薄板な部品が作成でき、微細加工、3次元加工も可能です。

その工程を大まかに説明すると

フォトレジストを金属、半導体、樹脂などのベースになる基板の表面に薄膜状に塗布します。
画像やパターンの原版となるフォトマスクで①を遮光し、光や紫外線などを照射し、パターンを転写(または焼付け)します
パターンを転写したものに現像処理を行うことでマスキングします。
腐食剤となるエッチング液を使い、不要な部分を腐食し、除去します。
皮膜保護されていたパターンが残って完成です。

会社設立後に必要な書類とは?

いざ、会社を設立した際、その後には、色々な手続きを踏んでいかなければいけません。
多くの書類を作成し、その書類を各管轄に届けなければいけないのです。
まず、税務署。税務署には、たくさんの書類の提出が必要です。
青色申告の承認申請書源泉所得税の納金の特例の承認に関する申請書また、法人設立届出書など任意提出も含め計6つの届出が必要になってきます。
これらの書類は基本的に本店所在地を管轄する税務署に提出することになります。
税務署以外には、都道府県や市町村に開業した届出を提出する必要があります。
そうしないと、都道府県や市町村に会社の有無を知らせる事ができません。
主な要件としては国税の支払いの為で、国に支払う国税以外の地方税の支払いの為に、都道府県や市町村に届出が必要になってくるのです。
また、年金事務所で社会保険加入に関する書類の提出も必要になってきます。
会社設立をした場合は、社会保険すなわち、「健康保険」「介護保険」「厚生年金保険」に加入する事が義務付けされています。
その為、年金事務所で、これらの為の書類の提出が必要になってくるのです。
そして、労働基準監督署にも届出が必要です。
労働者がいる以上、労働保険に加入する事が必要です。
これらの手続きの為に、労働基準監督署に労働保険保険関係成立届や労働保険 概算保険料申告書の書類の提出が必要なのです。
また、これらの書類の提出には期限がある為、注意が必要です。
以上のように色々な所に色々な書類を提出する必要がある会社設立後の動き。
実際、自分たちだけで行う事は、大変な作業の前に間違いを起こしかねない事になりかねます。
その為にも、専門家の税理士や社労士と相談する必要があります。
税理士や社労士に相談する事によって、これらの難しそうな書類も簡単に行う事が出来ます。
これらの書類の作成などはプロに任せる事によって、会社設立の際に必要な大切な時間を他に回す事が出来ると思います。
私の知人は会社設立時に行政書士に依頼してかなり、助かったと言ってました。

G06CAW9EZLECAZODWTZCAH24AIICA0M88ORCAAR1IMHCAU20X1FCAIG1L2OCAK9MI86CABJ5XQYCAPUKYJPCAU84WDICAOS1DNJCAPMM2HQCAEMXYHECA9CL02TCAYN68MWCAA8MKGRCAWW5RDFCA0IQ3X4

断熱塗料と遮熱塗料の特性の違いについて

NASA断熱塗料と遮熱塗料の特性の違いについてしっかりと知っておけば、自分で断熱目的の塗装をする際に失敗するリスクを回避することができます。
まず、断熱塗料の特性ですが、断熱塗料は、熱が加えられることで発砲層を作り出す特徴があります。
その発砲層が作り出されることで、断熱効果が出てくるのです。
断熱する対象物が大きくなればなるほど、その分、大幅な発砲層が必要になります。
断熱塗料の量が足りなくと、発砲層の量も足りなくなり、足りない部分は十分に断熱ができないというデメリットが出てきてしまいます。
また、塗装の仕方が下手だと同じように断熱効果が弱くなってしまうので、意味がなくなってしまいます。
断熱塗料による塗装は経験のある業者がやってもうまくいかないケースが多々あります。
なので、素人がネットなどの情報をもとにやるのは危険だと思います。
そのような作業が好きな人は、失敗してやり直す費用がリスクを覚悟した上でやったほうが良いでしょう。

次に遮熱塗料の特性についてご説明します。
遮熱塗料の特性は、いたって単純です。
太陽の光を反射させる特性があるので、それにより光を反射せて断熱をするということです。
つまり、太陽の光のようなものを断熱する時には向いている方法ですが、個体そのものに伝導されてくるような熱を断熱する際には向いていない方法です。
断熱塗料を使うか?遮断塗料を使うか?迷っている方は、目的によって適している塗料を使うのが一番です。
特性が向いていない方の塗料を間違って使ってしまえば、断熱効果がないどころか、作業自体が失敗してしまうリスクが高くなってしまうのです。
そのような判断さえも自分でできない場合は、最初から自分でやるのは諦めて業者に依頼するようにしましょう。
日曜大工ができるくらいのレベルでは、とてもプロのような塗装を成功させることはできないので自分の力を過信しないほうが良いでしょう。
私も1度、断熱塗料による塗装を自分でやって失敗しています。

QKCCATIZBB1CA0SDLETCA5YMN1ZCATD62CKCAXG1CB6CA2JC6SQCATS1OP5CAK2QO42CAHQU08PCAGZYTYQCAFM8HJBCAOOSILYCAICG5P2CA2OOK59CACMQXYLCALV247TCA5KEY4GCA5PS5HKCA7NVCWC